季節の祈り


神のいつくしみへの祈り

教皇ヨハネ・パウロ二世は2000年以降、

復活の主日の次の日曜日(復活節第二主日)を

「神のいつくしみの主日」と定め、

神のいつくしみに対する特別の信心を行うよう望まれました。

それは信者たちが聖霊の慰めの賜物を豊かに受け、

神への愛と隣人への愛を強め、成長させられるようになるためです。

 

また、現在の教皇フランシスコは

2016年を「いつくしみの特別聖年」と定めて、

「忍耐強く、いつくしみ深い」神の本性に心を向けるよう呼びかけました——

 

イエス・キリストは、御父のいつくしみのみ顔です。

 

いつくしみは喜びの源、静けさと平和の泉です。

いつくしみは、わたしたちの救いに不可欠です。

いつくしみ —— それは三位一体の神秘を明らかにすることばです。

いつくしみ —— それは神がそれゆえにわたしたちに会いに来られる、究極の最高の行為です。

いつくしみ —— それは人生の旅路で出会う兄弟と真摯に向き合うとき、

それぞれの心で働く、基本となる法です。

いつくしみ —— それはわたしたちの罪という限界にもかかわらず、

いつも愛されているという希望を心にもたらすもので、神と人が一つになる道です。

 

神のいつくしみへの信心は、1905年ポーランド生まれの

シスター・ファウスティナに由来します。

イエス・キリストがシスターの前に現れて

「神のいつくしみへの礼拝」の信心を示されました。

シスターの死後に、その信心は世界中に広がりました。

とくに、聖金曜日から始めて9日間「神のいつくしみへの祈りの花束」を捧げる信心が

よく知られています。

 

今回は聖ファウスティナの「信頼の祈り」と

「神のいつくしみへの祈りの花束」を紹介します。

 

******* 

 

信頼の祈り

唯一の善、恵みにあふれる神よ、

あなたのいつくしみに寄りすがります。

あなたは、いつくしみの神で、

あなたのいつくしみに信頼する人が、かつて誰一人として失望した者がないことを、

天も地もよく知っています。

ですから、みじめで罪深いわたしは、

あなたのいつくしみに信頼します。

 

あわれみの神よ、

あなただけがわたしを義とすることがお出来になります。

最も大きな罪を犯した人でも、

あなたのいつくしみ深いみ心に受け入れられます。

痛悔して、わたしがあなたのみ心に寄りすがる時、

あなたはわたしを決してお見棄てにならない、と信じています。

 

神のいつくしみへの祈りの花束

はじめに主の祈り、聖母マリアへの祈り、信仰宣言を1回ずつ唱える。

ロザリオを用いて、次のように5連唱える。

 

◯主の祈りの珠で1回唱える

永遠の父よ、わたしたちと全世界のすべての罪のあがないのために、

あなたの最愛の子、わたしたちの主イエス・キリストのおん体とおん血、

ご霊魂と神性をみ前にささげます。

 

◯聖母マリアへの祈りの珠で10回唱える

イエスの大いなる受難によって、

わたしたちと全世界にいつくしみを注いでください。

 

◯以上を5連唱えたら、締めくくりに3回唱える

聖なる神、聖なる全能の神、聖なる永遠の神よ、

わたしたちと全世界をあわれんでください。

 

 

参照:教皇ヨハネ・パウロ二世「神のいつくしみの主日のメッセージ」

 教皇フランシスコ『イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔 —— いつくしみの特別聖年公布の大勅書』

 カトリック ファミリーセンター『神のいつくしみへの礼拝 —— イエスよ、あなたに信頼します』