ミサで唱える祈り


 

 主日ミサでは以下の祈りを唱えています (すべての祈り文が『プリント聖歌集』のはじめに載っています)

 

○ミサが始まる前に唱える祈り

・東日本大震災被災者のための祈り

(自然災害に遭われたすべての方たちのために) 

父である神よ 

すべての人に限りないいつくしみを注いで下さるあなたに

希望と信頼をこめて祈ります。

東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り

原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし

希望を失うことがないよう支えてください。

また 亡くなられた人々には永遠の安らぎをお与えください。

すべての人の苦しみを担われたキリストがいつもともにいてくださることを

わたしたちがあかしできますように。

わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

・アヴェ・マリアの祈り

アヴェ・マリア 恵みに満ちた方

主はあなたとともにおられます。

あなたは女のうちで祝福され

ご胎内の御子イエスも祝福されています。

神の母聖マリア わたしたち罪びとのために

今も死を迎える時もお祈りください。アーメン。

 

召命を求める祈り

良き牧者である主イエス・キリストよ

困難の多い現代に生きる若者が 心の耳に響く色々な声の中から

「わたしに従いなさい」という

優しく力強いあなたの呼びかけを聴き分けることができるよう助けてください。

 

一人ひとりの心をあなたへの愛で満たしてください。

その人生において 真に善いこと・美しいことに目覚め

神のことばに従って生きる望みを強め

人々の救いのために奉仕する熱意を

多くの若者の中に燃え立たせてください。

 

神の母おとめマリアよ 御子キリストの近くに呼ばれ

その弟子となるよう招かれている若者を あなたにゆだねます。

お告げの時にあなたがなさったように

「お言葉どおり この身になりますように」と

答えて生きることができますように。アーメン。

〔教皇ヨハネ・パウロ2世の祈り〕

 

○ミサの中で唱える祈り

・信仰宣言(ニケア・コンスタンチノープル信条)

わたしは信じます。

唯一の神 全能の父

天と地 見えるもの 見えないもの

すべてのものの造り主を。

わたしは信じます。

唯一の主イエス・キリストを。

主は神のひとり子

すべてに先立って父より生まれ

神よりの神 光よりの光 まことの神よりのまことの神 

造られることなく生まれ 父と一体。

すべては主によって造られました。

主は わたしたち人類のため

わたしたちの救いのために天からくだり

聖霊によって おとめマリアよりからだを受け 人となられました。

ポンティオ・ピラトのもとで わたしたちのために十字架につけられ

苦しみを受け 葬られ

聖書にあるとおり三日目に復活し 天に昇り 

父の右の座に着いておられます。

主は生者と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。

その国は終わることがありません。

わたしは信じます。

主であり いのちの与え主である聖霊を。

聖霊は 父と子から出て

父と子とともに礼拝され 栄光を受け

また預言者をとおして語られました。

わたしは 聖なる 普遍の 使徒的 唯一の教会を信じます。

罪のゆるしをもたらす唯一の洗礼を認め

死者の復活と来世のいのちを待ち望みます。アーメン。

 

・主の祈り

天におられるわたしたちの父よ

み名が聖とされますように。

み国が来ますように。

みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。

わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください。

わたしたちの罪をおゆるしください。

わたしたちも人をゆるします。

わたしたちを誘惑におちいらせず

悪からお救いください。アーメン。