過去のつぶやき

ルーティン

ルーティンという言葉があります。

同じ動作をすることによって心が安定し、集中力も高まります。

イチロー選手が打席に立つ前にやる動作や、

五郎丸選手がキックする前に手を合わせる動作は有名です。

人は誰でもその人なりのルーティンを持っていると思います。

 

先日、スーパーで買い物をしてクレジットカードを忘れて来ました。

幸いすぐに気づいて電話して取りに行きました。

この時、何故忘れたのか考えました。

もしかしたらクレジットカードで払う時のルーティンではないかと思いました。

 

いつもはクレジットカードを入れる、領収書を取る、クレジットカードを取るの三動作です。

その時は前の人が領収書を取るのを忘れていました。

ですからクレジットカードを入れる、前の人の領収書を取る、

自分の領収書を取るの三動作で支払いが終わったと思い込み、

クレジットカードを取る動作を忘れたのだと思います。

 

無意識のルーティンは怖いと思いました。

 

 

テニス

時間のある時にテニスをしていますが、

強い球を打ち続けると右肘が痛くなります。

いわゆるテニスエルボーです。

強い球を打つのを止めない限り治りません。

 

ある時、左手でやったらどうかと思いました。

素振りをしてやってみましたが

右手程は出来なくても普通に出来ました。

 

ただサーブが難しかったですし、ラケットを持つ手が違うことで

同じ動きが出来ないことも分かりました。

右手では素早く反応していた球が

左手ではスムーズに体が動きません。

体が反応するための脳の神経が

まだスムーズにつながっていないのだと思いました。

右手のレベルは上級者ですが、左手のレベルは初中級者だと分かりました。

 

その時だけしか左手でしていませんが、

時々普段と違う動きをすることで脳の活性化になるのではと気づかされました。

 

 

通勤

3月末まで元・茶山カトリック幼稚園の園舎を借りていたので、

毎朝の出勤をしていました。

車で片道10分かかっていました。

日によっては一日に2、3度往復することがありました。

 

4月に新園舎が完成したので

これで毎朝の出勤がようやく終わると胸を下していました。

幼稚園と教会の工事で大変だったのでやっと落ち着けると思いきや、

司教様から高宮カトリック幼稚園の園長も兼任するように任命されました。

また今年度も朝の出勤が続きます。

しかも、今度は車で片道25分かかります。

1月末に電気自動車に代えていて良かったと思いました。

 

西新カトリック幼稚園と高宮カトリック幼稚園を一日交代で

朝の朝礼と登園時の園児との挨拶をしています。

西新カトリック幼稚園は園児数が90名ですが、

高宮カトリック幼稚園は190名なので名前を覚えるのが大変です。

 

 

寝室工事

3月の初めに寝室のフローリングの工事が始まりました。

これまでは畳がありましたが、変色していたり擦り切れていました。

工事の期間は執務室が寝室兼用になりました。

執務室には机、椅子、パソコン用のデッキ、本棚、

教会関係の書類棚、洗面台、ベッド、タンスが入り、

スペースが狭くなりました。

 

その上食堂も工事しているので、朝食だけ台所で作り、

寝室の小さいテーブルの上で食べていました。

テレビもなしです。

台所も工事でほこりっぽいので、昼食、夕食は外食をしていました。

四旬節に入り苦行生活は仕方ないと受け入れていました。

 

3月13日の夕方に寝室のフローリングが終わったので移動しました。

床が新しくなったのでこれまで週に1回掃除していましたが、

今のところ毎朝掃除しています。

毎朝掃除すると気持ちいいです。

 

 

電気自動車

電気自動車が1月末に納車されました。

100%充電して270km走ります。

冷暖房を使用すると230kmに減ります。

10%消費で2時間充電が必要です。

 

走りは静かで乗り心地がいいです。

電気自動車なのでガソリンの給油やオイル交換もいりません。

二酸化炭素の排出もなく環境に優しい車です。

カーナビ、前後のドライブレコーダー、バックカメラもついて

安心してドライブが出来ます。

 

独特なのがEペダルという機能で、

アクセルから足を離すと自動でブレーキががかり、

一時停止してもドライブモードのままブレーキペダルを踏まなくてもいいことです。

 

町乗りで1日20~30kmぐらい走る人で

毎日充電することが気にならない几帳面な人には丁度いいと思います。

つまり私のことですが。

 

唯一の不満はトランクにゴルフバックが横積み出来ないことです。

バックを斜めに置き、長いクラブはバックから抜いて斜めに立てかけて置かないといけません。

 

 

    

新年の変化

 新年になって新しくなったことが3つあります。

一つめは車を買い替えたことです。

これまでガソリン車でしたが、初めて電気自動車にしました。

クリーン車新規購入には国から40万円、

福岡市から10万円の税金も返ってきます。

携帯電話の充電の要領で家で夜充電して、朝には普通に走れます。

1月末の納車が楽しみです。

 

2つめは髪型をスポーツ刈りから丸坊主に変えました。

これまで3週間に1回散髪に行っていましたが、

バリカンを買って自分でカットするようにしました。

時間もお金もだいぶカットされました。

 

3つめは靴下を普通のものから5本指に変えました。

冬用の靴下を長く履いていると指先が蒸れて困っていたら、

ちょうどテレビで5本指の靴下の宣伝をしていました。

いろんな店を回って探して見ると、

これまで興味がなかったので見過ごしていましたがちゃんと売っていました。

指先が快適になりました。

 

    

振り込め詐偽

12月4日に振り込め詐欺にあいそうになりました。

初めはショートメールで

「ご利用のお支払い確認が取れておりません。

 本日中にお客様センター○○○迄にご連絡下さい。」と来ました。

 

電話代の引き落としがうまくいかなかったのかと思い電話しました。

電話の相手は

「5月から9月までのDMM.comの有料視聴代の振り込みがなされていません。

 これまでメールで請求して来ましたが全く返答がなかったので

 最終の請求をしています。

 もし振り込みされなければ弁護士に連絡し、裁判になります。」と脅してきました。

 

視聴した記憶がないと言っても、

「お客様の番号の記録があります。

 銀行のATMの前に行ったら振り込み先を教えるので電話して下さい。」と返って来ました。

怪しいと思い先輩の司祭に電話して、顧問弁護士を紹介してもらい電話すると、

まず警察署に行って下さいと言われました。

警察署に行くと DMM.com は振り込め詐欺が使う常習手段です、

詐欺ですから無視して下さいと言われました。

皆さんも注意して下さい。

 

  

工事

幼稚園建替えと教会エレベーター増築工事も進み、

教会の土台際まで土が削られて来ました。

司祭館のレベルと下の高さは約5メートルあります。

工事事務所は元職員室ですが、司祭館の前から行く道がなくなったので、

工事関係者が司祭館の中を通路として使うようになりました。

寝室と厨房・食堂の間の通路を通ります。

 

通常は8時に朝礼をしているので7時半前に通りますが、

6時半に重機が来る時は6時に通ります。

昼も外と行き来する時に通ります。

夜は6時半だったり、7時半だったり、遅い時は10時がありました。

それなので、食堂でゆっくりテレビを見ながら食事することが出来なくなりました。

厨房でさっさと食事を用意し、寝室に運んで食べています。

シャワーをする時も工事の人が帰るまで寝室で読書をして待ちます。

初めは苦行と思っていましたが、最近は習慣になり気にならなくなりました。

 

  

運動会

10日は幼稚園の運動会が予定されていました。

台風14号が九州に接近してくる予報がありました。

前日の予報では九州の南を東に進路変更し、当日は曇りと出ていましたので、

開催できるとふんで前日準備としてテントや万国旗を張ったり、

入退場門を設置したり、放送器具を設置しました。

 

当日5時に起きると雨が降っていました。

7時半に幼稚園に行くと雨は降り続け、園庭はじゅくじゅくの状態です。

しかし、先生たちは雨雲レーダーを各自スマホでチェックしながら

開催か延期か気持ちが揺れ動きます。

保護者からはどうするのか電話がかかかってきます。

 

雨雲が切れるのが分かって9時半開催を1時間遅らせてすることにし

一斉メール配信をしました。

8時前に雨がやんだので、それからは人海戦術で

雑巾で園庭にたまった水を吸い取り、砂場の砂をまいて

10時過ぎにはどうにか整い、運動会が開催出来ました。

12時過ぎに小雨がふり始めましたが、最後までプログラムを終了しました。

予報は責任とらないし、完全ではないことを実感しました。

 

 

腰痛

以前から2か所の腰痛をもっていましたが、最近もう1か所増えました。

1か所は軽いぎっくり腰をした後の後遺症で

尾てい骨の周りにしびれるような痛みが残っていました。

幼稚園で子どもたちを上げたり、ぶらぶらしたり、回したりするときに

腰を使うのでなかなか治りません。

顔で笑って心で泣いて子どもと遊んでいます。

限界がきそうになったら腰が痛いからといって逃げています。

 

もう1か所は腰椎の横で触ると痛みます。

テニスやゴルフなど腰を激しく回す運動をするのでこれも治りません。

 

最近の1か所は右尻の座骨の周りで座骨神経痛だと思います。

本を椅子に座って読むので痛みが出てきたみたいです。

痛いからといってマットに横になって肘をついて本を読むと肩が凝ります。

立って読むと足が疲れます。

この前は寝ている時に痛みが出て目が覚めました。

年を実感していますが体を労っていこうと思います。

  

滅多にないこと

最近、滅多にないことが2つありました。

一つはゴルフでラウンドしている時のことです。

パー4の400ヤードのホールで第一打をドライバーで打ちました。

バンカーとOBラインの間にあるカート道に250ヤード飛んで落ち、

大きく跳ねてさらに50ヤード飛びました。

合計300ヤード飛んだのは初めてのことでした。

狙っても繰り返すのは難しいことです。

残る100ヤードをピンそば2mにつけましたが、

惜しくもバーディーはなりませんでした。

 

もう一つはテニスをしている時でした。

その日は暑くて5人でダブルスを交代しながらしていました。

2時間ぐらいプレイして疲れていましたが、

サーブしている時に右足のシューズの靴底がピラリとめくれて外れました。

暑くて靴底の接着剤が溶けたのか、サーブで右足に力を入れ過ぎたのか分かりませんが、

長年テニスをしていて初めての体験でした。

ギブアップ宣言して交代してもらいました。

  

登園再開

4月から西新カトリック幼稚園建て替え工事のために

元・茶山カトリック幼稚園の園舎を間借りしています。

コロナ禍の中でしばらく休園でしたが、5月下旬から登園が始まりました。

それに伴って私もマイカー通勤をするようになり、

朝の時間が忙しくなりました。

 

今まで5時半だったのが、5時に起床して

洗面、祈り、洗濯、アイロンかけをした後、

6時前に朝食、皿洗い、霊的読書をします。

7時からミサ、7時半からマイカー出勤します。

渋滞にかからないように車の少ない道、自転車通学者の少ない道を探しました。

決まった時間に決まった所で卒園児の小学生とすれ違います。

 

茶山カトリック教会の聖堂で聖体訪問をした後に8時から朝礼があります。

ほとんどの先生がバスに乗車するので、8時半に事務の先生が来るまで電話番をします。

事務の先生が来たら園庭に出て、バスから降りて来る園児を9時半まで迎えます。

園児が園庭に出て来ると一緒に遊びます。

 

週に2回は給食を園児と食べています。

昼からは教会で過ごしています。

  

マスク

6月1日から公開ミサが再開されました。

ミサをする時にマスクを着用しています。

マスクをしなくてもという声もありますが、

絶えず大きな声で話すので飛沫感染に注意しないといけないと思っています。

 

マスクをして困ることがあります。

まず大きな声で祈ることが多いので眼鏡が曇ってしまいます。

長い祈りをすることがあるので呼吸が苦しくなることがあります。

呼吸がしにくい上に大きな声で祈るので顔が暑くなります。

真夏日になると熱中症が心配になります。

 

ミサに来る信者さんもマスクの着用、体温測定、

手洗いや手指の消毒、連絡先の記入等ご苦労をお掛けしています。

マスクを着用して同じことを体験されていると思います。

苦労が報われる日が早く来ることを願うばかりです。

  

散歩

新型コロナウイルスの感染拡大がとまりません。

ついに福岡も緊急事態宣言の地域に指定されました。

教会でも公開ミサ、入門講座、集い等の中止が4月30日までに

延長になっていましたが、まだ伸びるかもしれません。

幼稚園でも臨時休園が4月17日までだったのがまだ伸びそうです。

 

不要不急の外出自粛が呼びかけられる中で散歩が勧められています。

教会から大濠公園、舞鶴公園、福岡城跡に

よく散歩に行くようになりました。

日によって散歩コースを変えたりして景色の変化を楽しんでいます。

桜、牡丹、コスモス、藤、つつじなどの花も春の季節を実感させてくれます。

 

4月から幼稚園の建て替えと教会の増改築工事が始まるので

寝泊りだけ司祭の家に引っ越すことになりました。

いつも司祭のつぶやきに登場してもらっている高齢のY神父は喜んでいます。

どんな珍生活になるか楽しみです。

 

  

沈黙の四旬節

今年の四旬節は新型コロナウイルス感染防止のため、

灰の水曜日の翌日から今のところ3月29日まで

教区の決定により公開のミサ、集いが中止になりました。

3月末で下火になればいいのですが、

まだ感染が拡大していたら復活祭も

教会で公にお祝い出来ないことになります。

信者の方にとってミサに与れない、

ご聖体を拝領出来ないことは大きな犠牲だと思います。

 

私にとっても主日のミサが中止になることはこれまでの人生で初めての体験です。

毎朝、香部屋で一人でミサを捧げています。

幼稚園は自由登園なので園児たちとの触れ合いはありますが、

教会の方との交わりはありません。

一人で沈黙の黙想会をしているような感じです。

祈りをしたり、霊的読書をしたり、散歩をしたりしています。

聖書を題材にした映画、「サン・オブ・ゴッド」「エクソダス」

「ノア」「サムソンとデリラ」とかを借りてきて見ました。

信者の皆さんは日曜日をどのように過ごしているのでしょうか。

 

  

病人訪問と猫

月に一度、教会に来られない方々の自宅や施設に訪問に行っています。

家族と一緒に生活している人は寂しくないようですが、

連れ合いを亡くして一人暮らしされている人は寂しいそうです。

 

連れ合いを亡くされたある一人の方は猫が好きで、

一匹飼っておられました。

先日訪ねると、ベッドの上に生まれたばかりの子猫が4匹寝ていました。

話を聞くと、自分が飼っている雌猫が生んだのではなく、

違う雌猫の産んだ子猫を口でくわえて連れてきたそうです。

お乳の時間になると口でくわえて外にいる母猫の所に連れていって、

飲んだら連れて帰ってくるそうです。

 

動物の母性本能のすばらしさに感動しました。

自分を飼ってくれている飼い主に絶対の信頼を持っているのでしょうか。

猫が増えたらエサ代が増えるだろうな~と下世話な心配をしてしまいました。

 

  

大邱(テグ)叙階式

12月27日に韓国の大邱(テグ)教区であった司祭・助祭叙階式に行って来ました。

大邱教区から福岡教区と長崎教区に1名ずつ神学生が来ていますので、

彼らの助祭叙階式に与るためです。

 

大邱教区は信者さんが40万人、司祭が500人と聞いていたので

カテドラルの大きさはどれくらいだろうと思っていましたが、

長崎の浦上教会と同じぐらいでした。

司祭叙階者が10人、助祭叙階者が7人でした。

出席希望者が全員来たら聖堂に入りきれないので、

それぞれの出身教会からの出席者も人数が制限されていたそうです。

人数が多いので叙階式は3時間かかりました。

 

叙階式後は約300人の司祭だけで、カテドラルの食堂でバイキングを頂きました。

日本からの招待客としてテーブル席を準備してくれていました。

前日の夜に来て、当日の夕方に帰るという弾丸ツアーで

ゆっくりと観光や食事をする暇もありませんでしたが、

日韓関係がこじれている中、韓国の司祭や信者さんたちと挨拶が出来て良かったと思います。

 

写真:桂山聖堂正面 by Himuka tachibana / CC BY-SA 3.0

 

フランシスコ教皇訪日(後編)

11月24日に長崎で行われた教皇様のミサに参加して来ました。

ミサ会場に入場するときまでは雨が降っていましたが、

ミサが始まる前からは雨雲がなくなり、

ミサ中はカンカン照りになりました。

予報では一日雨だったのにいきなり晴天になり、

運転手さんたちは奇跡だと言っていたそうです。

 

私の入場証が間違って信者さんの席になっていました。

信者のスタッフに言って神父の準備室に連れていってもらいました。

ミサでは聖体拝領の手伝いをさせてもらいました。

ミサ後の聖体拝領では救護室にいるスタッフや寝ている人たちの所にも行きました。

ミサ会場が見えない裏方で奉仕している方々の姿が見られて

来て良かったと思いました。

 

ミサが終わって急いで着替えて信者さんと合流しようとしたので

折り畳み傘を忘れてしまいました。

ペトロ岐部と187人の殉教者の列福式でも最初雨でミサの時は晴れだったので、

この時も同じ理由で傘を忘れました。

一つの思い出になりました。

 

 

フランシスコ教皇訪日(前編)

11月末にフランシスコ教皇様が来日されます。

長崎でのミサに参加する予定です。

 

38年前のヨハネ・パウロ2世の来日の時、私は高校3年生でした。

この時も長崎のミサに参加しました。2月初旬の寒いときでした。

教皇ミサに参加するから学校を休みますと先生に言うと

不思議な顔をされました。

受験生の大変な時なのに何でと思っていたのでしょうか。

 

雪が降って積もっていたのでバスの出発は朝早かったと思います。

その当時、高速道路は武雄北方までしか通っていなくて、

そこで降りて34号線で長崎に向かいました。

山の近くを通るときは雪が固まって両脇にはスリップした車がいる中を

ゆっくりゆっくり走り、無事に目的地に着きました。

 

会場に入っても小雪が降りましたが、

教皇様が入場される時だけ雪が止んだのが不思議でした。

今回は司祭として共同でミサが出来るので感謝です。 

 

 

カーオークション

11月19日で今乗っている車のリース期間が終わります。

今の車は頭金を払って自動車本体費用、毎年の自動車税、

半年ごとの定期点検代、3年目の車検代込みの金額を

月々数万円のリースで組んでいました。

5年目が終わる時点で残った金額を払って自分のものにするか、

1年延長するか、手放すかの選択がありました。

 

どうしようかと思案していたところ、

友人の司祭から中古車業者を紹介してもらいました。

この業者はカーオークションに参加して希望の車種を競り落としていると聞きました。

私は希望の車種があったのでお願いしていたところ、

希望の車種が3台オークションに出るので前もって見に行きませんかと誘われました。

 

初めてオークション会場に行って車の多さにびっくりしました。

日曜日から搬入が始まり、火曜日にオークションがあるそうです。

3台を探し出して外装や年式、内装を見て決め、オークションで落としてもらいました。

中古車でいいのであればこっちの方が安上がりかもと思った次第です。

 

 

ドライブ・・・とほほ

最近のトホホになった話です。

戸畑教会で一緒に巡礼に行った人たちから

「巡礼者で夕食をしませんか」と言われ、8月23日に戸畑に行きました。

電車で日帰りも考えましたが、次の日、朝ミサがないので

車で行ってホテルに泊まることにしました。

久しぶりに芦屋から若松の北海岸を見ようと思い、

気持ちよくドライブしていました。

芦屋のあたりはネズミ捕りしていそうだなと思って走っていましたら、

見事に捕まりました。

40キロ制限速度のところ18キロオーバーで減点1、罰金1万2千円でした。

落ち込みましたが、夕食会では楽しく巡礼の話で盛り上がりました。

 

帰って銀行で罰金の支払いをするとき、

普段は挨拶しかしない銀行員さんが「駐車違反ですか?」と話しかけて来ました。

そこの銀行の人たちは私が誰か知っているので、まずいなーと思いながら

「いいえ、スピード違反です。」と答えると、

「何キロオーバーですか?」とまた聞かれ、

「18キロオーバーです。」と答えると、「痛かったですね。」と慰められました。

 

写真:若戸大橋 By KitaQ-UNIX - CC 表示-継承 4.0 

https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=67356705 

 

健康診断

7月末に健康診断に行ったときの泣きたくなる笑い話です。

受付に問診票を渡すと検尿のコップを渡されます。

もしもの場合を考えて500mlのペットボトルを買って持って行ってました。

少し飲んでトライしましたが出ません。

空のコップを手にして浄水器の水を飲み再度トライするも空振り。

「出ません。」と看護師さんに伝えると

「検査が終わってからでもいいですよ。」と言われ、

検査が終わって再挑戦するもダメ。

空のコップを手に看護師さんに「検尿のコップを提出しないと帰れませんよねー。」と聞くと、

「そうですね。時間があるなら頑張って下さい。」と言われ、

浄水器の前の席に陣取ってひたすら水をがぶ飲みしました。

検査に来た人からは奇異な目で見られ、看護師さんたちからはクスクスされながら、

今日に限って膀胱の筋肉の調子良さを恨みながら1時間ぐらい水腹に苦しみながら頑張りました。

とうとう無事に提出出来、看護師さんに「出ました。」と喜びの報告をして帰りました。

 

 

 

 

免許返納

高齢者ドライバーによる事故が注目されています。

福岡でも藤崎で事故がありました。

どこでも誰にでもあり得る事故だと思います。

 

免許返納は何歳ぐらいでする方がいいのか、

運転技術を定期的にチェックした方がいいとか、

自動ブレーキ装着車を普及するべきとかいろいろと議論されています。

 

私の父親は85歳で免許を返納しました。

いつも横に乗る母親が運転が怪しいと判断したからです。

父は安全運転で制限時速を守るドライバーでした。

今まで違反や事故とは無縁だったので免許返納には反対だったようですが、

家族としては事故を起こす前に早く返納して良かったという思いです。

 

6月の司祭黙想会でもこの話題が出ました。

自分が当事者になるかもしれないし、仲間の司祭が事故するかもしれないからです。

高齢ドライバーの事故はその人の職業や人間性に関係なく起こり得るし、報道されるからです。

 

 

 

マイブーム

最近、食生活を少し変えました。

これまでは朝食は卵かけご飯とみそ汁、ヨーグルト、コーヒーが定番でした。

実家からジューシーオレンジを大量に送ってきたのもあって、

朝食のご飯・みそ汁をやめて、

果物とヨーグルト、コーヒーにしました。

能古島の夏みかんとかも食べています。

昼食も夕食もなるべくご飯を食べないようにしています。

いわゆる炭水化物ダイエットです。

そのわりにはうどんとかを食べていますが。

 

牛乳に青汁を溶いて飲んだり、トマトジュースを飲んだりしています。

運動量は以前と変わらないのに体重が3キロ減りました。

お腹が痩せると気持ちいいですね。

身も心も軽くなった気がします。

しかし、外食するときは例外です。普通に食べたり、飲んだりしています。

例外を設けていないと生活が窮屈になりますから。

マイブームもいつまで続くか分かりませんが、出来れば続けていきたいと思っています。

 

 

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは旅行や登山等、

特に予定は入れていませんでした。

4/29に基山教会のバーベキューに行きました。

雨の中、テントを張ってバーベキューをしました。

昼食後、つつじの名所大興善寺まで散歩して来ました。

 

連休後半からは晴れの日が続いたので、

大濠公園や百道浜に散歩に行っていました。

5/2は午前中に百道浜からドームを回って帰って来ました。

午後に戸畑天使園のときのお父さんから、

娘と野球観戦に来ているので博多駅で夕食しませんかと誘われました。

地下鉄は込んでいるだろうなと思い、博多駅まで歩いて行きました。

1時間20分かかりました。

博多駅近くの焼き鳥屋さんに1時間並んで食べ、

帰りは中州川端駅まで歩いてそこから地下鉄に乗りました。

流石にこの日は足が疲れました。

 

5/3はいつものY神父から電話があり、ドライブと昼食に連れて行きました。

また信者さんが亡くなられ、夕方に通夜、翌日に葬儀をしました。

のんびりの中にも忙しい連休となりました。 

写真:大興善寺の「一目一万本」のつつじ

by Miya.m

https://ja.wikipedia.org/wiki/大興善寺_(佐賀県基山町)

ギリシア巡礼

3月18日から25日までギリシャ巡礼に行って来ました。

参加者は私を入れて13名でした。

巡礼した主な所はアテネ、デルフィ、メテオラです。

この間の移動はバスでの長距離移動です。

 

全日晴天で気温も福岡より高かったので、顔と腕が黒くなりました。

ギリシャの風土の8割は山ということで、

観光地の移動も短い樹木のある岩山とオリーブ、

ぶどう、ミカン畑ばかりの同じ風景でした。

ギリシャ正教が9割ということで、

カトリック教会でのミサはアテネの教会で1回だけで、

あとはホテルの部屋を借りて2回しただけでした。

パウロの跡をたどったのはアテネのアレオパゴスぐらいで、

ギリシャ神殿跡と博物館、ギリシャ正教の教会と修道院ばかりでした。

エーゲ海の島をクルーズしたかったと参加者から言われました。

 

ギリシャ料理は特においしかったという印象はなく、赤白ワインとビールはおいしかったです。

 

写真:アクロポリスから眺めたアレオパゴスの丘(アテネ)

by ajbear AKA KiltBear

https://www.flickr.com/photos/ajbear/299116407/

  

豆まき

2月3日は節分でした。幼稚園では5日に豆まきがありました。

私は毎年鬼の役をしています。

2、3歳児は大体怖がったり、泣いたりします。

5歳児になると真剣に豆を投げてきます。

適当に園庭で園児を追いかけて、豆を投げられて、退散します。

その後、福の神役の先生が登場してきて幸せな心を振りまきます。

鬼の役をしていて情けなくなります。

普段は神父の役をして神様の話をしたり、祝福したりしているのに、

節分の時には鬼の役ですから。

でも誰かが鬼の役をしないといけません。

 

子どもの頃読んだ絵本「泣いた赤鬼」を思い出しました。

赤鬼が村人と仲良くなれるように友達の青鬼は悪役を演じ、

赤鬼が青鬼と友達だと分かると赤鬼に都合が悪くなると思い旅に出ます。

青鬼の自己犠牲の友情に気づいて赤鬼は泣きました。

是非原典を読むのをお勧めします。

 

 

餅つき

1月に幼稚園と教会で餅つきがありました。

子どもの頃、毎年家で餅つきをしていたので懐かしかったです。

古い家だったので土間があって、そこでついていました。

父が長男だったので兄弟の家の分までついてあげていました。

朝から昼過ぎまで一日がかりでした。

手に豆を作り、豆が破けてもついていました。

家族皆で一緒になって汗を流す楽しい年中行事でした。

正月に雑煮に餅を入れて食べるのが大好きでした。

 

今回教会では久しぶりの餅つきになりました。

コレジオ生の参加があり、若い力が発揮されました。

年配の経験者もそれぞれつき方に味があって面白かったです。

教会の方々も応援して下さったり、餅を丸めるのを手伝って下さったり、

食べるのを楽しんで下さいました。

子どもたちの参加もあって、教会家族の和が一層深まったような気がします。

 

 

命拾い

クリスマスが終わった26日に、長崎の神父様たちの

ゴルフコンペに参加させてもらいました。

多久と武雄の間にあるゴルフ場でしたので、

202号線から二丈浜玉道路を通って行きました。

 

途中何か所かトンネルがあるのですが、

長いトンネルに入って急にフロントガラスが曇りました。

いつもでしたらエアコンをフロントガラスに出せば曇りは取れるのですが、

この時はますます真っ白に曇ってしまいました。

 

トンネルは対面通行なので右にも左にも避ける所はなく、

後ろからも車が来ていたので一瞬パニックになりかけました。

前が見えず、右にも左にも行けず、急ブレーキをかけたら追突される恐れがあります。

幸い後ろの車が車間距離を空けて走ってくれていたので

少しブレーキを踏みながら、ワイパーを動かすと少し曇りが取れたので、

トンネル出口までどうにか事故なく出ることができました。

命拾いしましたが、ゴルフは散々な結果になりました。

 

 

基山巡礼

勤労感謝の祝日に青年たちと10名で、私の出身地である基山に行って来ました。

 

まず基山教会を訪問しました。

基山教会の信者さんたちが私の両親も含めて6名で

手作りの漬物と富有柿で接待してくれました。

少し歓談し、皆でお祈りをして別れました。

 

次につつじの名所大興善寺に紅葉を見に行きました。

古いお寺の建物と古木と紅葉が相まっていい雰囲気でした。

 

次に基山(きざん)に上原田公園から登山しました。

全員が初めての道で、しかも標識もあまりなく

地元の人に聞いて登り始めました。

途中で道に迷いながらも頂上にたどり着き、

博多湾から太宰府、久留米まで見渡せる景色を満喫しながら弁当を食べました。

地元の温泉で解散の予定でしたが、夕食にもつ鍋を食べたいとある女子が言い出し、

時間のとれる人で西新で再集合してもつ鍋を食べに行きました。