司祭のつぶやき


2月9日

前に利用していたものよりももっと快適なものを使うと

それに慣れてしまうのが人間です。

以前利用していたものに不満を感じてしまいます。

 

昨年、司祭叙階25周年の記念品として

教会からマット、羽毛ふとん、マイ枕を頂きました。

以前使っていたふとんセットは34年も経っていたのでそれなりに古く、

新しいセットになって快適に寝ています。

今年の正月、実家に泊まったところ、

家の敷布団は煎餅布団で固く、枕も木の枕のように固く、

掛布団は重くて良く眠れませんでした。

前は気にせずに寝ていたのですが。

 

また最近、教会で客布団用に乾燥機を購入し、

せっかくなので神父様も使って下さいと言われました。

寝る前に15分間温風をかけていますが、

敷布団も掛布団も枕も温かくて幸せな気持ちで快眠しています。

世間の人はこんな幸せを早くから味わっていたんだなと思ったり、

これから冬は手放せなくなるなと思ったりしています。